おばあちゃん家の……(^O^)

どうも五郎です(^O^)

インフルエンザが流行っていますね(^o^;
みなさん手洗い・うがいを心がけましょう!


c0106573_132422.jpg

ところで少し前に載せた、自分のおばあちゃんの家は覚えていますか?

その改修工事がようやく完了しましたヽ(´▽`)/

玄関の建具に付ける金物を追加発注をしていたので少し遅くなりましたが、無事に工事を終えることが出来ました(^^)v



関わって頂いた業者の皆様方には大変お世話になりましたm(__)m

この場を借りてお礼を申しあげます!ありがとうございましたm(__)m

実は、この工事には大変思い入れがありました!

うちの社長にわがままを言って、ワザワザ自分自身で仕事を出来る段取りを取ってもらったのには、理由がありました!

当初!他の人が仕事をする予定だったのですが、自分がどうしてもとわがままをゴネて、無理に工程を変えてもらった次第です(^o^;
本当に申しわけありませんでしたm(__)m


c0106573_1324948.jpg
冒頭でお話をしましたが、なぜ?そこまでして仕事をしたかったのか?

それは自分が大工になる前にさかのぼります!

まだ物心がつく前は、両親は共働きでほとんどと言って良いほど、おばあちゃんと一緒に居ました!

そう自分が小さい頃は、おばあちゃん子だったのです(^O^)

その頃のおばあちゃんの口癖が、今の大工を始めた理由なんです!

『男の子は手に職をつけなきゃイケないよ…』

戦争を経験して、戦後を見て来たおばあちゃんが、良く話してくれた話だと、戦後は食べるものも仕事もなくて大変困ったとのことでした!

そんな状況を見てきたおばあちゃんが口が酸っぱくなるほど言っていたのが、男の人は結婚して家族を養っていかなきゃならないんだから手に職をつけないとね!
男の子はどんなときでも家族を守っていかなきゃダメだよ……と!

幼い自分に真剣に話していた記憶があります(^o^;
ただその時は意味が解らずじまいで……お恥ずかしい話ですが、正直、手を改造して何にするのかな?って考えたときもありました(マジ話)


時は流れて大きくなり、自分が縁あって建築会社に入った時に、初めておばあちゃんの言葉の意味(手に職をつけるの意味)を知りました!
そこで何年か下働きをしていたのですが、時おり現場でお会いする職人の人達(主に大工さん)と接するに従って、手に職って、もしかしてこういう事かと初めて気が付きました(^^)v




c0106573_13241631.jpg

このころからです!大工に真剣になりたいと思ったのは!
この下働きのゴミ片付けをしていて気が付かなかったら、今の自分はないのではないでしょうか!

さらにその時から新たな夢が出来ました!

大工になっておばあちゃんの家を自分が建てる!

が……そう心に誓った少し後におばあちゃんが亡くなりました(T_T)

今思えば、孫の進む道を見届けて安心して逝けたのかなぁと思います!

ただ自分としては、もう少し長生きをしてほしかった……(T_T)
自分がいっぱしになって、おばあちゃんの家を建て直すまでは……


長々と語ってしまいましたが、おばあちゃんの家をどうしても自分が工事したかった理由にはこんな思いが詰まっていました(^o^;
個人的な話なので、ここに載せるのはどうかと思いましたが、載せちゃいました(^o^;
ご気分を損ねてしまわれた方々には心よりお詫び申し上げますm(__)m

長々と御精読ありがとうございましたm(__)m

(五郎)
[PR]
by mokusho | 2009-09-26 13:30 | リフォーム・小工事
<< ラジオ出演!! 駅のベンチ >>