フレデリック

玉川学園のマンションリフォームが始まったときに、工事用にお借りしていた鍵をなくさないように何かつけとこう!と思って、
(はじまるぞ、という気合もこめて・・・)青葉台のプラザにキーホルダーを買いに行きました。


c0106573_18202949.jpg

そのときにはじめて出会ったのがフレデリックでした。
とぼけた顔がかわいくて、なぜかきれいな赤いお花を持っているのにも惹かれました。

・・・フレデリックは工事中も皆の人気者でした。

お客さまもかわいい♪と言って下さっていたので、
お引渡しの時に、「よかったらもらってください。」と差し上げたら、
とても喜んで下さって、「いい記念になります。」と言って下さいました。


c0106573_18202361.jpg


それ以来、私もすっかりファンになってしまい、
ちょうど従妹の娘が1歳の誕生日を迎えたばかりだったので、
大きな縫いぐるみとフレデリックの絵本をあげることにしました。

そのとき、はじめて「スイミー」の作者レオ・レオニの本だと知りました。
発刊はスイミーと同じく1969年。もう40年以上も前です。

・・野ねずみのフレデリックは、冬に備えて他のねずみが食べ物を蓄えている間、
ぼーっとしているように見えましたが、実はみんなとは別のものを集めていました。
それは、暖かいおひさまのイメージや、暖かい色のイメージ、言葉などでした。
・・冬になり、食べ物が底をついたときに、フレデリックの集めたイメージや言葉がみんなに幸せを与えてくれた。。
というおはなし。


1歳の子供にはまだムズカシすぎるけど、奥深く、大人も考えさせられる、いい話だとまたあらためてファンになりました。

絵もほんわかしていて、色もやさしく、幸せになる感じ。。。

いい本に出会いました♪

(bun)
[PR]
by mokusho | 2011-02-23 18:31 | お気に入り
<< 配筋中です! 捨てコンクリート >>