人気ブログランキング |

カテゴリ:新百合ヶ丘の家( 17 )

引越しでした

c0106573_761295.jpg「新百合ヶ丘の家」では今日引越しを迎えました。
午後から薪ストーブ屋さんが来られて、火入れを行いました。
鋳鉄でできた本体は、最初から高温で使い始めると、痛んでしまうため、慣らし運転が必要との事。
3,4回かけてなじませるそうです。

お子さん達もストーブの前でまったり寛いでいます。外は5℃でしたが、家の中はポカポカです。

ワクワク楽しい生活が始まりました。(まるま)
by mokusho | 2011-12-16 23:21 | 新百合ヶ丘の家

お引渡し



c0106573_213491.jpg快適に住んでいただくために、取り付けた機器の取り扱い説明をいたします。

サッシや内装のお手入れ方法、電気設備や衛生機器の取り扱いの説明などをいたします。

困った時の対処法などを中心にご説明しますが、内容も項目も多岐に渡る為、2時間くらい平気でかかってしまいます。


c0106573_2131432.jpg今回は見学会のあとの引渡しになった為、前日の土曜日からご説明させて頂きました。

おかげで、日曜日の引渡しのときは書類の受け渡しなどの形式的なものだけで済みました。

今週末の引越しを前に少しずつ荷物を運びたいということで、早速段ボール箱20ヶ位運び込まれていました。

新しい住まいで、新しい家族がどんな楽しい暮らしをされるのか、とても楽しみです。

長い間お世話になりました。そして、これから末永く宜しくお願いします。(まるま)
by mokusho | 2011-12-12 21:16 | 新百合ヶ丘の家

明日は完成見学会

c0106573_23483411.jpg6月から進めていました「新百合ヶ丘」の家がようやく完成いたします。

明日、明後日とお客様のご厚意で完成見学会をさせて頂くことになりました。
準備に夜までかかってしまいましたが、おかげで町の灯りのような写真が納められました。

町並みに建つ住まいは自分の家であると共に町の家でもあるのです。
とてもやさしい住まいになりました。

当日の急な参加でも構いませんので、多くの方のご来場をお待ちしております。(まるま)

※詳しい見学会の案内はこちらからどうぞ。
尚、当日参加の方は 090-8894-5374 佐藤まで連絡をください。
by mokusho | 2011-12-09 23:59 | 新百合ヶ丘の家

内部仕上げ



c0106573_22223939.jpg
新百合ヶ丘の家です。

現場のほうは足場が取れて、外構が始まりました。

間知石積みで、敷地境界線より使える地面が小さくなっているので
下からコンクリートを打ち使える面積を増やして駐車場にします。


c0106573_22225816.jpg
内部は、2階の壁と天井の仕上がりが終わりました。

壁と天井はAEPです。
綺麗に仕上がっています!

階段の踊り場から吹き抜けを望むと
窓の外には眺めの良い景色が写ります。
これから寒くなると、富士山が綺麗に見えるでしょう。


c0106573_222397.jpg
寝室の壁はAEP,天井は米松の突き板に自然OIL塗装仕上げです。

天井の高さがぐっと押えられていて、落ち着いた空間になっています。


c0106573_2223272.jpg
隣接するクローゼットです。
廊下からも寝室からも両方から使えるようになっています。

左の棚には、ワイヤーバスケットが収まるようになっています。
右の棚は布団棚です。
杉板でスノコ状になっているので、通気性が良いです。

手前の壁には2列2段でハンガーパイプがつきます。
季節により良く使う物を寝室側に、使わない物はクローゼット側に。
もちろん建具も付きます。

工程の方は遅れを取り戻し、完成に着々と向かっています。

[hige]
by mokusho | 2011-11-09 22:41 | 新百合ヶ丘の家

足場が取れました!



c0106573_107488.jpg
新百合ヶ丘の家の足場が取れ、全体の姿が現れました。
昨日、広報部員として見学会DM用の写真を撮ってきました。

12月初旬の完成に向けて、現場は終盤戦に突入しています。

坂の下から、階段を上がってくると、柔らかな色のリシンと板張りが美しく、インパクトのある外観が現れます。

これから、1階部分にウッドデッキがつき、2階部分にバルコニーの手摺りがつき、外観が完成することになります。

内部の写真はまだ撮れませんでしたが、高台からの最高の眺望を楽しめる1階の居間は、フロアから1段下がっていて、落ち着きと開放感をあわせ持った空間になりそうです。
出来上がりが楽しみです♪

完成見学会をぜひお楽しみに・・・。
また近くなりましたら、ご案内いたします。

(bun)
by mokusho | 2011-11-05 11:43 | 新百合ヶ丘の家

助っ人!

今日は、めずらしく大工さんとして現場に出てきました。

大工工事が少し押しているので短期助っ人としてです。


“そよ風”の配線等のロフトの仕事をまとめてきたので
かがんで仕事をしていたせいか、腰が痛くてたまりません(泣)

体力も昔に比べるとかなり落ちました、、、、。


でもやっぱりデスクワークより大工さんの仕事の方が楽しいです(笑)



明日は午前中は地鎮祭。
午後は現場です。

頑張ります!!!


久しぶりに現場仕事に熱中して写真を撮るのを忘れました _| ̄|(、ン、)

[hige]
by mokusho | 2011-10-27 21:02 | 新百合ヶ丘の家

煙試験∞∞∞

c0106573_19214172.jpg
新百合ヶ丘の家です。
なんだか台風接近で天気が良くないです。

今日は環境創機さんで施工マニュアルを新しくするということで、
屋根の煙試験の写真撮影をお願いされていたのですが、天候不良で中止になりました。

この家は“そよ風”搭載の家なので、軒先から棟まで
屋根の通気層に空気が流れていきます。
その時に少しでも効率が良いように、その空気道の隙間を完全に塞ぎます。

室内のファンから強制的に空気を逆流(オレンジのダクト)させて、“はちとり”を焚きます。
はちとりとは煙がもくもく出る、煙幕みたいな物です。

そうすると板金が葺き終わっている屋根面から隙間があると
煙が出てくるのが目視できます。
そこをコーキングで完全に塞いで処理します。

今日は写真撮影は無かったですが、煙だけは焚いてみました。
何ヵ所か、処理しないといけないところがあったので
天気が良くなったらコーキングです。

でも今週はずっと天気悪そうです、、、、。
[hige]
by mokusho | 2011-09-20 19:34 | 新百合ヶ丘の家

検査合格!!!



c0106573_18244582.jpg
新百合ヶ丘の家です。
今日は、住宅瑕疵担保責任保険の2回目の検査です。
筋違いの位置、接合部の金物や屋根のルーフィング、外壁の透湿防水シートの貼り方、
構造用合板の釘のピッチ、バルコニーの防水の立ち上がり等々。
検査項目は結構あります。

写真は係員の方がホールダウン金物(基礎と柱をつなげる金物)などの
取り付け位置の確認をして写真を撮っているところです。


c0106573_18252684.jpg
ここのところ天気が良かったので外部の仕事も結構進みました。

今日は軒天井の杉の羽目板を張っています。
ここは防火指定が無いので羽目板での仕上げが可能です。


c0106573_18255777.jpg
ちょっと解りづらいかもしれませんが
2階から吹き抜けを見たところです。

1階からの吹き抜け高さは高いところで5Mくらいあります。
今後の作業のことを考え、仮の作業床を作りました。
ベニヤを敷いたり、足場板などで作業が出来ます。


c0106573_18273434.jpg
これは二階の杉のフローリングです。
そろそろ張り始めます。


c0106573_18275687.jpg
最後にこれはそよ風の機械です。
ロフトの天井に取り付いています。
これから配線してダクトをつなげていきます。

余談ですが、先週の土曜日に現場の周りでドラマのロケがあり
“松嶋菜々子”がきたみたいです。
現場の大工さんはかなりうきうきしていましたが
遠かったらしくあまり見えなかったそうです007.gif

[hige]
by mokusho | 2011-09-13 18:51 | 新百合ヶ丘の家

グラスウールダクト



c0106573_18225429.jpg
新百合ヶ丘の家です。
ただいま、外壁の下地が進行中。
左官を塗るための下地です。
この上に防水紙をもう一度張り、ラス網を張ります。
その上にモルタルを塗っていきます。
一番スタンダードで且つ割れにくい下地です。

なんだか台風が来ていますが、何とかそれてくれれば良いのですが、、、。


c0106573_18232478.jpg
内部の方は額縁の取り付け中です。
造作材は杉材です。
これがいわゆる窓枠になります。


c0106573_18233852.jpg
1階のフローリングも入ってきました。
栗のフローリングです。
オスモの自然OIL塗装が既にされているものです。

2階とロフトは杉のフローリングです。

栗は硬い木の方に属します。
杉は柔らかい木に属します。

どういう感じに部屋の雰囲気が変わってくるのか楽しみです。


c0106573_1824958.jpg
こちらは断熱材とグラスウールダクトです。
グラスウールダクトは“そよ風”で使う部材です。
屋根で暖まった空気を床下に送るためのダクトです。
この工場も被災して震災後はまったく流通がストップしていたのですが
最近は大丈夫みたいです。本当に助かりました。

でもこうやって流通が戻ってくると、震災の恐ろしさが麻痺してしまいそうです。

震災からもうすぐ半年がたちます。
改めていろんなことを考えさせられますが、今日は防災の日なので
自分の出来る範囲で防災対策を行おうかなと思います。

[hige]
by mokusho | 2011-09-01 18:46 | 新百合ヶ丘の家

大きな軒下



c0106573_215318100.jpg新百合ヶ丘の家は大きな軒下の空間があります。

ちょっとの雨でも大きな屋根に守られて過ごすことができる空間です。

『大樹の木陰の下』にいるような気持ち良い空間になるでしょう。


c0106573_21532978.jpgロフトから居間まで見下ろすことができます。

とても大きな空間ですが、日差しを取り入れたり、

風通しを良くしたりすることで快適に暮らせそうです。


c0106573_21534147.jpg床下には先行する形で電気の配線やら配管を敷設してゆきます。

建て方ほどドラマチックではありませんが、

少しずつ、着々と現場は進んでおります。(まるま)
by MOKUSHO | 2011-08-12 22:35 | 新百合ヶ丘の家